PICK UP

年金を試算しよう

最新の年金記録を確認できる「ねんきんネット」でもらえる年金の見込額を試算しましょう。

相続のはじめの一歩。「法定相続人」

読んで納得、法定相続人について勉強しましょう。

もしあなたが認知症になったらお金のことどうする?

誰でもおこりうる認知症。いちばん気になるお金のことについて、どんな準備をしていますか?

人間関係ってなんだか面倒くさい!?

怒らずにいたいのに、なんだかイライラ!!でもこれもまた終活?

  • Leonardo_da_Vinci_(1452-1519)_-_The_Last_Supper_(1495-1498) 最後の晩餐 - 「最後の晩餐」。本当に「死」を目前にした時、自分はいったいどういったことを望むのでしょうか。
  • 414f26fa24748677f4b6b97658e737ac_s 可能性の終わり - われわれ人間は、最期まで「終わらない」。可能性の終わりを迎えることはないのです。
  • e240212d5d6d71b2291015e03700b5c0_s いま「死」について話すということ - 実生活において、たとえば友人などに「死後の世界についてどう思う?」などと問うことはありません。なぜなら、返ってくるのは心配の言葉だからです。
  • death 肉体の死/精神の死④ - 本稿ではアメリカの名門イェール大学にて行われている講義「「死」とは何か」、それを書籍化したものをご紹介したいと思います。
  • b0aed99225def48bfc579b10b3e023e2_s 肉体の死/精神の死③ - 「答え」が得られそうにない難問を想う時、重要なのは自身が「それをどう見るか」にあるのではないでしょうか。
  • f95adbc82a3b6276e02a794e587cd6b4_s 肉体の死/精神の死② - 「精神の死」を迎え、しかし「肉体だけが生きている」。果たして「脳死」の状態と遺体との違いには何があるのでしょうか。
  • f81e7a0b6e2e397c568b8829fe491b61_s 肉体の死/精神の死① - 死生観と社会問題の摩擦。いま、われわれは「肉体の死」と「精神の死」についてあらためて考えてみる必要があるのではないでしょうか。
  • 55d3d110089c2d199c01a26d64898351_s 弔いとデザイン - 「死」を「神聖」で覆ってしまえば、都市空間にも斎場は存在できるのではないか。無宗教の国ではそうした方法が最善なのかもしれません。
  • a8a5fca18a972781a208c57377b59faa_s 遺影が気になるひと - 西本喜美子さんのバイタリティ溢れる「発信」。「老い」を感じさらにそれを「楽しむ」ということこそが「終活」なのかもしれません。
  • 32c58c85701ec774bab0f7d8a9d145f1_s 異文化から学ぶ「終活」⑩ – ④ - 「終活」疲れのデトックスとして。あるいは自身の死生観を発展させる新たな刺激をケルトの文化は与えてくれるかもしれません。