お墓の引っ越しー改葬

お墓の引っ越しー改葬

終活で重要なお墓のこと。
家族のお墓があるけれど、遠方に引っ越してしまった、お墓の後継者がいない、お墓参りに足を運ぶのが難しい、などの理由でお墓の場所を移したいと考えている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は、そんなお墓の引っ越し―改葬についてご紹介します。

 

お墓の改葬先は?

お墓の引っ越しの理由はさまざまですが、お墓参りに行けない、お墓のお世話ができない、する人がいない、という理由が一番現実的な問題として大きいのではないでしょうか。

そのため、お墓の改装先として、納骨堂や永代供養墓を考える方が多いかもしれません。
永代供養墓、納骨堂なら、お墓参りになかなか行けなくても、お墓の後継者がいなくても、永代にわたって霊園やお寺がお墓を管理・供養してくれるからです。
お墓が荒れて無縁仏になる心配もありません。

東京 板橋の納骨堂はこちら▶
千葉 市川の納骨堂はこちら▶

 

改葬の手続き

お墓の引っ越しは、家の引っ越しと違って馴染みがないので、少し難しく感じるかもしれません。
また、時間や費用もかかりますので、終活の中で事前に決めておくとよいですね。

では、改葬の手順について見ていきましょう。

 

【改葬の流れ】

  1. 改葬先を決める。
  2. 改葬先で「受入証明書(永代使用証明書)」を取得する。
  3. 現在のお墓のある市区町村役場から、「改葬許可申請書」の用紙をもらい、必要事項を記入する。
  4. 3に、現在のお墓の管理者(お寺や霊園の管理事務所など)の署名捺印をもらう。
  5. 現在のお墓の管理者から、「埋葬証明書(納骨証明書)」を発行してもらう。
  6. 現在のお墓のある市区町村役場に、「改葬許可申請書」と「埋葬証明書」を提出し、改葬許可証を交付してもらう。
  7. 「改葬許可証」を改葬先の墓地管理者に提出する。
  8. もとのお墓があった土地を、更地に戻して返却する。
    (更地に戻す前に「閉眼供養(お魂抜き)」の法要を行う。)

※「改葬許可申請書」の用紙は、郵送やインターネットで取得することも可能です。
※ 5.「埋葬証明書」の要・不要は、市区町村によって異なります。
※ 交付書類は、ご遺骨1体につき1通必要です。

これらの手順を踏んで、いよいよ改葬先にご遺骨を移す際には、「開眼供養(お魂入れ)」の法要を行います。

 

改葬の費用

改葬でかかる費用には、改葬元(現在のお墓があるところ)と改葬先でかかる費用の2種類があります。
主な費用としては、改葬元では墓地・墓石の解体費、撤去工事費など、改葬先では新しく購入する墓地・墓石代などがあります。

すべて合わせると、目安として約200〜300万円かかります。
改葬元、もしくは改葬先のお墓を納骨堂などにする場合は、墓石に関する費用がかかりませんので、全体として安く抑えられます。

それでは、改葬元と改葬先、それぞれでかかる費用について詳しく見ていきましょう。

 

【改葬元でかかる費用】

・お墓の撤去費用

改葬をする場合、もとあったお墓を撤去し、更地に戻す必要があります。
この撤去工事は、お墓の石材店が行います。
撤去工事費の相場は、1㎡あたり10万円程度です。

・お寺に支払う費用

改葬元のお墓が、お寺の管理している墓地にある場合、お寺におさめる費用も発生します。

お墓を更地に戻す前に行う開眼供養の際、読経をしていただくお礼としてお布施を納めます。
5000〜1万円が目安です。

また、お墓を移すということは、お寺からすれば壇家がひとつ減るということでもあるので、お寺によっては離壇に関わる金銭を求められることもあるようです。
この離壇料は、相場も有無もお寺によって異なります。

 

【改葬先でかかる費用】

・墓地・墓石工事費

改葬先で新しく墓石を購入する場合、土地代と墓石代・墓石工事費がかかります。
土地と墓石にかかる費用を合わせて、安いものだと50万〜高いものだと300万円くらいかかります。

・納骨にかかる費用

納骨の作業はお墓の石材店にお願いすることがほとんどです。
これにかかる費用は15,000円〜5万円程度が目安です。

また、納骨の際に行う開眼供養の際も、お寺に3〜5万円程度のお布施を納めます。これはあくまで目安で、地域によってはもっと安く済んだり、10万円もかかるというところもあります。

お布施として納めるものとして、戒名料もあります。
すでに戒名をいただいている場合でも、宗派の異なるお寺に改葬する場合は、戒名を付け替えないといけないこともあります。
この場合は、開眼法要のお礼と合わせて戒名料も含めた金額のお布施を納めることになります。

 

改葬の手続きを始める前に

改葬をすると決めたら、今のお墓の管理者に事前に相談することをおすすめします。
相談せずに改葬の手続きを勝手に進めてしまうのは、お墓の管理者にとって印象が良くありません。
お墓の管理者がお寺の場合、相場よりも高い離壇料を請求されてしまうケースもあるようです。

また、改葬手続きに必要となる「改葬許可証」の取得には、お墓の管理者の署名捺印が不可欠です。
改葬手続きをスムーズに進めるには、今のお墓の管理者の理解が得られていることが大切な条件となります。

そして、お墓の管理者だけでなく、親族への相談も忘れずに。
先祖代々のお墓を改葬する場合は特に、事前の説明を怠ったり、きちんとした理由を伝えていなければ、親族間のトラブルにもなりかねません。

改葬する際は、手続きや費用に関することも大事ですが、周囲の理解を得るという作業が何より重要なことかもしれません。