自分で作る!終活ノート

自分で作る!終活ノート

終活ノート、またはエンディングノートという言葉が聞かれるようになってから何年も経ちました。
書店でもさまざまな終活ノートが売られていますが、最近はインターネットで「エンディングノート」や「終活ノート」と検索すると、ダウンロードタイプの終活ノートがヒットしたりしますね。
そこから、終活ノートにはどんな項目があるのかを知ることもできます。

もちろん、書店で自分に合った終活ノートを探したり、保険関連の会社や墓石販売店、または自治体が無料で配布している終活ノートを活用するのもいいですが、自分で自分仕様のノートを作るのも一つの手です。

 

終活ノートに書く項目

終活ノートに書く項目は主に以下のようなものがあります。

  • 基本情報
  • 名前や生年月日、本籍地など

  • 介護や医療に関して
  • 病気になってしまったとき、体が不自由になったときにどのような介護を望むか、また加入している保険などについて

  • 葬儀、墓石のこと
  • お墓はどこにあるか、また購入済みなのか、これから購入するならどんなお墓に入りたいか、葬儀の予算や参列者などについて

  • 親戚や友人の連絡先
  • 財産について
  • 終活ノートは遺言ではありませんので、遺産相続についての法的な効力はありませんが、持っている財産をまとめておいたり、子供に遺したい大切なものなどがあれば書き残しておくとよいでしょう。

  • 自分史
  • 自分がこれまで歩んできた人生を振り返ってみて、これからの人生をどう歩んでいきたいかなどを考えるきっかけになります。

  • 家族へのメッセージ
  • 大切な家族へのメッセージも元気なうちにのこしておくといいですね。

 

自分だけの終活ノートの作り方

では、早速自分だけの終活ノートを作ってみましょう。

もちろんノートを使ってもいいですが、ここではファイルとルーズリーフで作る終活ノートをご紹介します。

【ファイルとルーズリーフを使うメリット】

  • 順番、抜き差しが自由自在
  • ルーズリーフは、1枚ずつ分かれた用紙のことで、ファイルに綴じた後でも、好きに順番を入れ替えたり、抜き取ったり、あるいは途中で差し込んだりすることができます。

    終活ノートは、気の重くなる項目もありますので書きにくいという方も多くいらっしゃいます。そのため、自分の書きやすいところから好きに書き始め、後で用紙の順番をわかりやすいようにまとめることができるのもおすすめのポイントです。

  • 付随する書類も一緒にまとめられる
  • また、ファイル式なのでクリアケースも一緒に綴じることができます。
    保険に関する書類や、さまざまな保管書類、お薬手帳なども、該当のページと一緒にまとめておけば、自分で把握するのにも役立ちます。いざというときに、家族が家の中をあちこち探す手間も省けますね。

    また、大切な写真や手紙なども一緒に綴じておくこともできるので、まさに自分の人生がつまった一冊になります。

終活に決まった方法や手順はありません。終活ノートも同じです。
既成品の終活ノートももちろんわかりやすく、使いやすく作られています。でもみんなが同じ項目を同じように書くわけではありません。
今回ご紹介したような方法で、自分だけの終活ノートの作ってみるのはいかがでしょうか。

 

終活マガジンがご用意する終活ノートはこちら▶
※無料でダウンロードしていただけます。項目の参考にも、ぜひご覧ください。