生前に見学する年配層が続出。話題の樹木葬とは?

樹木葬とは?

樹木葬とは、墓埋法で許可を得た土地にご遺骨を埋葬し、墓石ではなく樹木を墓標として故人を弔う埋葬法です。
代表となる樹木の周りに埋葬したり、お一人のご遺骨を埋葬するごとに新しい苗木を植えたりと、墓地や霊園によって方法は異なります。

墓標として用いられる樹木は、あまり大きくならない低木が多く、花が咲くものではハナミズキ、サルスベリ、ヤマツツジ、ウメモドキ、エゾアジサイなど、この他にモミジやブナなどが一般的です。

 

散骨との違い

「樹木葬」という響きから、森や山など好きなところに散骨することを言うのではと混同されてしまいがちですが、樹木葬はあくまで墓埋法で定められた、遺骨を埋葬してもよいとされる土地に埋葬するものです。

一方散骨とは、ご遺骨を砕いて細かくし、海や川など故人が望んでいた場所に撒くというものです。墓地と定められていない場所を自由に選んでいる点で樹木葬とは大きく異なります。また、墓標がないことも違いの一つです。

 

樹木葬は費用が安い

樹木葬は、樹木を墓標とするため、一般的なお墓のように墓石を購入する必要がありません。
また、一つの区画を専有するのではなく、他の多くの亡くなった方と場所を共有することが多いため、総合的にお墓の購入費用が安く済みます。

一般的なお墓の相場が、100万円〜高価なものだと300万円くらいなのに対し、樹木葬の相場は30万円〜70万円くらいです。
また、一般的なお墓にかかる年間管理費が不要な墓地が多いようです。

 

樹木葬は永代供養墓の一種

永代供養墓とは、お墓の管理者(お寺や霊園)が永代にわたって供養・管理してくれるお墓のことです。
お墓の後継者がいない方や、子供に負担をかけたくない方などに需要が増えているお墓の形態です。

樹木葬も、その永代供養墓の一種です。お墓を継いでくれる人がいなくても、なかなかお墓参りに足を運べない方でも、お墓が荒れるということがなく安心です。
一般的な永代供養墓は、一つの墓石の下に他の方と一緒に埋葬される形態が多いため、「合祀墓」とも呼ばれます。
同じ、他の人と一緒に眠るなら、より自然に近い形で弔ってもらえる樹木葬に注目が集まっているようです。

 

里山タイプと公園タイプ

樹木葬と聞くと、自然の山の中の一角に埋葬されると想像される方が多いかもしれません。

そのタイプは里山タイプと呼ばれます。
山の奥深くに設けられた場所に埋葬されるため、墓標として植えられた樹木も、自然に生息している樹木の中に一体化してしまう場合があり、墓標をもとにお墓参りをすることが難しくなることもあります。
しかし、より自然になじむ形での埋葬を望まれている方にとっては理想的かもしれません。

樹木葬にはもう一つ、公園タイプがあります。
自然の山の中ではなく、墓地として整備された霊園の中に、人口の山や森のようにガーデニングされた区画があり、そこに樹木を墓標としたお墓を設ける形態です。

自然葬という意味での樹木葬とは少し毛色が違いますが、常に墓地管理者の管理下にあるため、墓地が荒れることもなく、きれいに保たれます。
はっきりとした墓標をもとにお墓参りをすることもできますので、一般的なお墓に近い形の樹木葬を望んでいる方に向いています。

 

最近は、永代供養墓、納骨堂、樹木葬などさまざまやお墓の形態に注目が集まっています。
自分の最後や自分の死んだ後のことも自分で決めたいという方が増えていたり、遺された家族に負担をかけたくないという思いの方が増えているからでしょう。
終活も同じ思いによって生まれたことばです。
終活をきっかけに、自分のお墓の形に思いをめぐらせてみるのもいいかもしれません。