葬儀の費用をとにかく抑えたい!火葬式(直葬)とは?

葬儀の費用をとにかく抑えたい!火葬式(直葬)とは?

火葬式(または直葬)とは、お通夜や告別式などの儀式を執り行わず、火葬のみを行うお葬式のことです。
近親者のみで行われる小規模な葬儀・家族葬とも異なり、儀式やお食事などで生じる費用がかからないため、費用を最低限に抑えることができます。

 

一般的な葬儀の費用

一般的なお葬式は、
通夜→葬儀(告別式)→火葬 という流れで行われます。
この中で生じる費用には以下のようなものがあります。

  • 葬儀社に支払う費用
  • 祭壇の飾り付けや人件費、棺の購入費など

  • 斎場の使用料
  • 火葬料
  • 会食費
  • 通夜振る舞いや精進落としなど、参列者に振る舞うお料理にかかる費用

  • 引き出物
  • お寺へのお布施、心付け
  • 儀式を行うと、読経に対する謝礼など、お寺にお布施を納めることになります。
    また、葬儀社のスタッフへ心付けを渡す場合もあります。

これらすべてを合わせた葬儀費用の相場は、全国平均で200万円前後のようです。

 

火葬式(直葬)の費用

一方、火葬式でかかる費用の項目はとても少なくなります。

  • ご遺体の搬送費用
  • 病院からご自宅、またご自宅から火葬場までご遺体を運ぶ際にかかる費用です。

  • 棺の購入費
  • 火葬料

これらを合わせた火葬式全体の費用は、20万円〜30万円前後が相場となります。

ただし、これらをすべて個別に手配することは実際には難しいので、葬儀社が一手に引き受けてくれる、火葬式のみのサービスを利用することが多くなります。

一般的なお葬式のおよそ10分の1までに抑えられることもあるんですね。
ただ、火葬式のみの場合、香典は見込めないことは考慮に入れておきましょう。

 

火葬式(直葬)を選ぶ理由は?

ここまで、火葬式の費用の面だけに注目してきましたが、火葬式を選ぶ理由は費用だけではないようです。

  • 家族に負担をかけたくない
  • 葬儀を行うとなると、費用もかかりますが、さまざまな手配や参列者への心配りも必要になるため、大切な家族を失った後の心労の中ではとても大きな負担となります。

  • 故人と近親者だけでゆっくりとお別れをしたい
  • 上記と同じく、葬儀を行うと、関連する雑事が多くなり、故人とゆっくりお別れする余裕が失われます。
    火葬式なら、故人との自分との時間だけに集中することができます。

  • 参列者が少ない
  • 親戚付き合いや、友達付き合い、会社関係の方や知人が少ない場合、大々的に葬儀を執り行うほどではないと判断される方もいるようです。

  • 住み慣れた我が家から送ってあげたい
  • 葬儀を行えば、大勢の方が参列する斎場から火葬場に移動します。もちろんそれを望まれる方も多くいらっしゃいますが、ひっそりと愛着のある我が家から送り出してあげたいと思う方もいらっしゃるようです。

火葬式(直葬)は、費用面でもとてもメリットがありますが、ライフスタイルや考え方が多様化した現代人の細かい需要を満たすお葬式のかたちなのかもしれません。