お葬式をプロデュース!? 無宗教葬とは

無宗教葬

最近は、樹木葬やガーデニング墓地、洋型の墓石に好きな言葉を彫刻するなど、いろんなお墓のかたちが増えてきました。

風習や宗教にとらわれず、個々の要望に合わせてさまざまな様式が増えているのはお墓だけではありません。お葬式にも多様性が見られるようになってきました。

 

葬儀の種類

まず、お葬式にはどのような種類があるのでしょうか。

  • 仏式
  • 日本で行われる葬儀のうち、9割以上がこの仏式だと言われています。
    菩提寺があれば、そのお寺に法要をお願いし、僧侶に読経をしていただく形の葬儀です。
    仏式の葬儀は、故人を極楽浄土に送り出す儀式です。

    いわゆる「お葬式」と聞いて、ほとんどの人が思い浮かべるのが、この形式かもしれません。

  • 神道式(神葬祭)
  • 神道式で行われる葬儀を神葬祭といいます。儀式を執り行うのは、神社の神官です。
    神道では死は穢れとされているため、神社では葬儀を行いません。そのため、自宅や斎場を借りて行うことになります。

    神葬祭は、故人の御霊をその家にとどめ、家の守護神となってもらうための儀式です。

  • キリスト教式
  • 教会の牧師や神父が儀式を執り行います。教会や斎場で葬儀を行います。

宗教がある葬儀を大きく分けるとこの3つです。
これらに対し、宗教的な儀式の決まりがなく、自由に行える無宗教葬が今、話題になっています。

 

好きなスタイルを選べる“自由葬”

宗教にとらわれない無宗教葬は、それぞれの希望する様式やこだわりを葬儀に自由に反映させることができるので、「自由葬」とも呼ばれています。

葬儀というより結婚式のように、いろんな要望を盛り込めるため、「プロデュース」とか「コーディネート」といった、葬儀では耳慣れないことばが使われることもあります。

自由に“プロデュース“する部分としては、

  • 故人の好きだった音楽を流す
  • 思い出の写真や動画を映し出す
  • 参列者にはお焼香ではなく、好きなお花をたむけてもらう

などが代表的なようです。

なかでも、音楽にこだわりを持つ無宗教葬は、「音楽葬」とも呼ばれるようです。

 

このように、とくにきまりごともなく、自由に作り出すことのできる無宗教葬は、需要が増えるいっぽうで、慣習を大事にする方の中にはまだまだ抵抗を感じられる方も多いのが現実です。

自分が死んだときの葬儀を無宗教葬にしたいとお考えの方は、事前にご家族や親戚への理解を得ることも大切かもしれません。

無宗教葬にしたい、無宗教葬でなくても葬儀に関する要望がある場合は、終活ノートに書き残しておきましょう。
葬儀に関する終活ノートはこちら▶