お墓に入らないという選択、手元供養とは

お墓に入らないという選択、手元供養とは

終活で、自分が死んだ後のお墓のことを考えたとき、

  • 家族に金銭的な負担をかけたくない
  • 遠くはなれた場所に住んでいる家族にお墓参りの負担をかけたくない
  • 家族から離れた墓地に入るなら、家で手元供養してほしい

などの理由から、手元供養という選択をされる方もいらっしゃるかもしれません。

 

手元供養とは?

故人のご遺骨を供養の対象とし、手元(主に自宅)に置いて弔う方法です。

火葬後に骨壷に入れたご遺骨をそのまま自宅に安置する方法や、お墓に納骨した後に、一部のご遺骨を小さな骨壷に入れたり、ご遺骨をペンダントなどに加工して身に付ける方法などがあります。

人が亡くなったときはお墓に埋葬するのが一般的なので、埋葬せずに手元に置いておくことに抵抗を感じる方もいらっしゃるかもしれませんが、ご遺骨を手元に置いておくことは決して“良くないこと”ではありません。法律上、特に問題もありません。

 

骨壷のデザインもさまざま

手元供養は多くの場合、火葬後のご遺骨をそのまま手元に置いておくのではなく、粉骨し、一部を小さい骨壷に納めたり、お墓に埋葬せず一部を手元に置いておく(分骨)方法がとられます。

その場合、ご遺骨も小さく、少なくなるため、通常サイズの骨壷ではなく、「ミニ骨壷」と呼ばれる小さな骨壷が使われます。
高さ10㎝にも満たない、5〜8㎝くらいのサイズが多いようです。

陶器の骨壷型はもちろん、ガラス製の香水ボトルのようなかわいらしいデザインのものまでさまざまです。
自分の好みのデザインがみつかるかもしれません。
ご家族が準備される場合も、故人らしいデザインのものをと探される方が多いようです。

また、自宅に置いておく方法を取られる場合は、お部屋のインテリアに合う、おしゃれなものが好まれます。

 

費用やお墓参りの負担が心配な方は、納骨堂という方法も

最初に触れたように、ご家族にいろいろな負担をかけたくないので手元供養を、とお考えの方は、比較的安価でアクセス良好な納骨堂を選ぶことも一つの選択肢となるかもしれません。

また、手元供養という方法は、故人の意思で決まるよりも遺されたご家族の都合で決まることが多いのが実情です。

遺された家族が突然の悲しみに気持ちの整理がつかず、はからずもご遺骨を自宅に置いたままにされたり、お墓を建てる費用が工面できるまで、突然のことでお墓の準備が何もできていなかったのでお墓が完成するまでの間だけ、
といったやむを得ない理由が挙げられます。

このような、

  • 金銭的な理由
  • お墓参りの負担
  • お墓が準備できるまでの一時的な供養

を解決できるのが、納骨堂というお墓のかたちです。

 

納骨堂とは

納骨堂とは、主に、ロッカー状になった個別の部屋に骨壷を納める施設のことです。
お墓を建てるよりも費用をかなり抑えられるので、お墓の代わりに利用する方もいらっしゃいますが、お墓が建てられるまでの限定的な期間、納骨堂を利用するやり方も多いようです。

東京 板橋の納骨堂はこちら▶
千葉 市川の納骨堂はこちら▶

 

手元供養→納骨堂の流れも

ご遺骨の一部ではなくすべてを手元供養する際は、やはりまだ一般的ではない方法のため、ご遺族の間で納得のいく話し合いが必要でしょう。
自宅で供養してもらう、あるいはご遺族がそうすると決めても、弔いの手が行き届かなくなる時もきてしまうかもしれません。

少しでもそういった不安がある場合は、納得いくまで手元供養をされた後、納骨堂などの選択肢を活用することをおすすめします。

 

お墓に関する終活ノートを無料ダウンロード▶