遺産相続の基本をおさえる / 後編

遺産相続の基本について、前回は「遺言書の確認」〜「相続財産の調査」の前編をご紹介しましたので、今回は後編を。少し小難しい内容になりますが、遺産相続の基本となりますので頑張りましょう!


相続の手続きには、「時間のかかるもの」「期限のあるもの」がありますので注意が必要です。まずは相続スケジュールを見てみましょう。
遺産相続の基本をおさえる / 前編▶︎

  1. 被相続人の死亡
    死亡を知った日から7日以内に、市区役所・町村役場へ死亡届を提出。
  2. 遺言書の確認
  3. 相続人の確認
  4. 相続財産の調査
    相続放棄は3ヶ月以内、所得税の準確定申告は4ヶ月以内に。
  5. 遺産分割協議
  6. 相続財産の名義変更
  7. 相続税の申告・納税
    10ヶ月以内に、被相続人の住所地の所轄税署長へ申告。
    納税は、原則として10ヶ月以内に現金で納付。

 

誰が何をどれだけ相続するか、相続人全員で話し合う

民法では相続分の目安となる「法定相続分」を定めています。
法定相続分は、

  • 配偶者と子どもは 配偶者 1/2  子ども 1/2
  • 配偶者と親は 配偶者 2/3  子ども 1/3
  • 配偶者と兄弟は 配偶者 3/4  兄弟 1/4
  • 配偶者のみ 配偶者がすべて相続
  • 子供のみ 人数で均等割り
  • 父母のみ 人数で均等割り
  • 兄弟姉妹のみ 人数で均等割り

遺言書がある場合は、法定相続分より遺言が優先されますが、遺言がない場合、相続人全員で話し合って誰が何を相続するのかを決めます。上記の法定相続分はあくまでも目安であり、相続人全員が同意すれば法定相続分にとらわれず、どのような分け方をしてもよいことになっています。ただしこれは必ず相続人全員で行う必要があり、一部の相続人だけで行っても無効です。

 


相続した財産の名義を変更する

遺産分割協議書にしたがって、相続財産の名義変更を行います。名義変更に必要な書類には法務局や金融機関などの各窓口で必ず必要となる書類と、各窓口によって異なる書類がありますので、あらかじめ必要な書類を必要部数用意してから各窓口へ行きましょう。

  • 必ず必要となる書類
    相続人を証明する書類、遺産分割協議書または遺言書(これらは原本を提示します)
  • その他の書類
    各窓口で必要となる書類が異なります。

なお、預貯金の名義変更には別途依頼書や通帳など必要となりますが、金融機関によっては遺産分割協議書がある場合でも、相続人全員の署名・押印が必要なところもあります。その他、株式やゴルフ会員権、不動産類の財産についても名義変更する必要があります。

 

「我が家は相続税がかかるのか?」がわかる

相続税には「基礎控除額」があり、相続財産が基礎控除額以下の場合には、相続税はかかりません。

相続税の基礎控除額 = 5000万円 + 1000万円 × 法定相続人の数

ちなみに、墓地や墓石、仏壇などの祭祀財産、国への一定の寄付や公益事業用の財産についても、相続税はかかりません。

[PR]東京、埼玉、千葉、神奈川の永代供養墓なら”博愛の絆”

◎相続税を大幅に減額できる2つの特例

  • 小規模宅地等の評価減の特例
    事業用・居住用・貸付用の宅地は、一定の要件を満たす場合は評価額を減額できます。詳しくは国税庁HPへ▶︎
  • 配偶者の税額軽減の特例
    配偶者は、法定相続分または1億6000万円のいずれか多い金額まで相続しても相続税がかからないという制度です。詳しくは国税庁HPへ▶︎

◎申告・納税の期限はいつまで?
申告期限は、相続開始の翌日から10ヶ月以内です。納付期限も、申告期限と同じく相続開始の翌日から10ヶ月以内です。相続税の納付方法は、原則として現金一括納付です。

申告期限までに遺産分割がまとまらない場合は、法定相続分で相続したものとして申告・納税しなければいけません。ただしその場合、相続税を大幅に減額できる特例が使えないため、相続税が高額になる可能性があります。

 

遺産相続の簡単な流れは以上です。
相続とは「すがたを続ける」ことと言われています。親がこれまで生きてきたその「すがた」を子や孫が受け継いでいくことであり、これが本来の相続であると。
とはいえ、やはり財産のお話なので注意点も多くなりますが、知らないよりは知っていた方が為になることが多いと思いますし、安心ですよね。

さて、ここまで、残された人たちが行う手続きの流れをご紹介してきましたが、遺言を残す側の方へのお願いとしては、

  • 元気なうちに遺言を作り、家族へ公表する。
  • 財産分けの理由と、家族へ感謝の言葉を伝える。

の2点を大切にしていただけたら…と思います。
ぜひ元気なうちに就活ノートを作ってみてくださいね。
終活マガジンの終活ノート▶︎