法事・法要。初七日・四十九日の意味とは?

dd8ae465fff4c0f8814dcf9fb54fc11c_s

四十九日とは

仏教では人は亡くなってから七日ごとにその人が極楽にいけるかどうか七回に渡って裁きをするといいます。つまりその7回目の審判がくだされる日がちょうど四十九日にあたります。四十九日の間、仏教では「中陰」といいますが、七日ごとに(もしくはそれ)を過ぎない前もった日に遺族は故人が無事に三途の川を渡り、極楽浄土へいけるように僧侶を呼んで読経をしてもらいます。つまり、この「中陰」の時期が故人が供養に専念する時期となります。この四十九日までの法要を「追善法要」といいます。
四十九日までの法要はもともと下記の通り行いますが、現在では初七日も葬儀当日に繰り上げて行なうことが多く、四十九日(七七日忌)と一周忌の法要以外は拝礼だけで済ますことが多くなりました。

四十九日までのおもな法要

初七日
しょなのか
7日め 葬儀当日に繰り上げて行なうことが多い。故人が無事に三途の川を渡れるように願う
二七日
ふたなのか
14日め 法要せず拝礼のみの場合あり
三七日
みなのか
21日め 法要せず拝礼のみの場合あり
四七日
よなのか
28日め 法要せず拝礼のみの場合あり
初月日
しょがっき
命日と同日 没後最初の月命日
五七日
いつなのか
35日め この日を忌明けとするケースもあり
六七日
むなのか
42日め 法要せず拝礼のみの場合あり
七七日
なななのか
49日め 僧侶や親族、友人を招き寺院などで法事を行なう。

※上記「◯日め」は亡くなった日を含みます。


  • 【参考】葬儀・法要・相続がよくわかる本 PHP研究所 編
  • 葬儀案内人

8fc6f7000dce86058e022ddda7e7fee1_s

四十九日が過ぎたら”忌明け”

月命日を忌明けとするケースもありますが一般的には四十九日目を「満中陰」とし、それを過ぎると「忌明け(きあけ)」と考えます。この忌明けまでに葬儀でいただいたお香典返しの品や忌明け当日の法要引き出物を用意します。

香典返しの目安の時期:
香典返しは四十九日法要を終えた後に忌明けの報告と香典のお礼をかねて1ヶ月ほどの間に行いますが、最近では合理的に通夜や葬儀の当日に即日返しを薦める葬儀社が増えています。忌明けまでに年を越してしまう場合は35日目の五七日忌に繰り上げて香典返しをすることもあるようです。

香典返しの金額の目安:
香典返しは一般的には「半返し」といっていただいたお香典の半分ほどの費用を言われていますが、宅配費用なども配慮しておよそ3分の1程度の金額が多いです。仏式では表書きに粗供養と書きますが、どの宗教でも仕様できるとしるし黒白の結びきりの水引を使うのが一般的です。

89a2729c7076a83afc500f310680d890_s

忌明け後の法事は満32年目の祥月命日までで弔い上げとなる。

四十九日目、遺族や近親者が菩提寺や斎場、ホテルなどに集まり法要を行います。忌明けを迎えたあとの法要は100日目の「百ヶ日法要」、や年回忌を行い、三十三回忌で弔い上げ(とむらいあげ)とするのが一般的です。三十三回忌目ではまとめて先祖代々の供養を行います。

百ヵ日忌 100日目 四十九日と合わせて法要をすることも。
一周忌 1年目 僧侶や近親者や知人などを招くことが多い
三回忌 満2年目の祥月命日 僧侶や近親者や知人などを招くことが多い
七回忌 満6年目の祥月命日 遺族のみまたは併修
が多い
十三回忌 満12年目の祥月命日 遺族のみまたは併修
が多い
十七回忌 満16年目の祥月命日 遺族のみまたは併修
が多い
二十三回忌 満22年目の祥月命日 遺族のみまたは併修
が多い
三十三忌 満32年目の祥月命日 三十三回忌が弔い上げとすることが多い。


おすすめの記事:
終活ノート 無料ダウンロード【PDF】