大掃除の後にお迎えするものとは?

昔から我々の生活にある暦上の行事というものには、それを行う理由・意味があります。それは個人個人の身体のケアに繋がっていたり、大衆の団結を促していたり、ストレスを分散・解消させていたり。不思議なものでうまく作られています。

そんな日本行事の中で最も古くから存在していると言われている神祭り「お正月」。これまで当たり前にあって当たり前に過ごしてきたこのお正月にも、細かく見てみると様々な意味が存在していました。

正月

お正月

正月とは本来、その年の豊穣を司る「歳神様(としがみさま)」をお迎えし祝う行事。歳神とは家々に1年の実りと幸せをもたらすために、高い山から降りてくる新年の神様、年神様と書くこともあります。農業国でもあった日本では、「祖先の霊(祖霊神)が田の神、山の神になり、正月には歳神様となり子孫繁栄や五穀豊穣に深く関わり、人々に健康や幸福を授ける」とされてきました。
そして、日の出と共にやってくると考えられているため「初日の出」は歳神様の降臨を意味しています。正月に門松やしめ飾り、鏡餅を飾ったりするのは、すべて歳神様を心から歓迎するための準備でもあります。

門松は、歳神様が家々に降りてくる際の標べであり、家に入る前に一旦止まる「依代(よりしろ)」。鏡餅は歳神様の御神体とする見方もあります。

地方でみられる歳神様

なまはげ秋田のナマハゲや鹿児島のトシドンも、実は歳神様だと考えられています。日本には、特に北日本の日本海側には地方によって様々な神様がおり子供たちを脅し回った最後に「年餅」を配ってくれるのですが、餅には霊魂が込められていて、これを「年霊(としだま)」トシダマと呼ぶわけです。今でこそ「お年玉」はお金ですが、元々は歳神様が人間に分け与えてくださった霊力だったわけですね。

そう考えてみますと、お餅を調理し食す「お雑煮」もその土地土地の食材と一緒に歳神様をありがたく頂戴し1年分の力を授かっているのです。

しめ飾りの役割

しめ縄しめ縄に正月の飾りをつけたものが家々の玄関や門に飾られる「しめ飾り」。これは「自分の家が、歳神様をお迎えするのにふさわしい神聖な場所に調えられている」ことを示すため始まったとされています。ですからお正月を迎える前に大掃除で1年の汚れを落とし、神様を迎えられる状態に整えたのちにこういった正月飾りを施したのですね。

ちなみに余談ですが、しめ縄には皆さんご存知の通り、不浄なものが入らないようにする結界の意味があります。通常、外から内へ不浄が入らないように結界をはるのですが、逆向きに結ったしめ縄を置くとその意味も逆になります。気をつけましょう。

大掃除

大掃除現代の大掃除のもととなるのが、12月13日の「正月事始め」で行われていた「煤払い(すすはらい)」と言われています。江戸時代、江戸城でこの日に「煤払い」を行っていました。1年の厄を祓い落として、この1年間を無事に過ごせたことに感謝する、歳神様を迎えるための大切な迎春の「行事」なのです。驚き。

お墓をお持ちの方はお墓のお掃除を、お仏壇も「家の中の小さなお寺」と言われていますから同じようにお掃除する必要があります。お墓ではなく、納骨堂などを利用されている方も、基本的に納骨堂内はお寺や管理スタッフによって常時手入れされているはずですが、それぞれのお壇の中まで毎日掃除することは難しいでしょうから、自分の家の納骨壇は自分たちでお掃除すると良いと思います。管理費の中にそのあたりの費用が含まれている場合もありますので、疑問のある方は利用されている納骨堂へ一度確認してみてください。

[PR]東京、埼玉、神奈川、千葉のアクセス良好な納骨堂はこちら▶︎

ちなみに、毎年、京都の本願寺(西・東)では「お煤払い」という大掃除が行われています。今年も12月20日に行われました。「煤竹(すすだけ)」と呼ばれる先が少し曲がった竹の棒を両手に持ち、畳をたたき、舞い上がったほこりを大団扇であおぎ出す、師走の恒例行事です。全国から500人ほどの人が集まるそうですから圧巻ですね。


日本の行事にはそれぞれ理由・意味があるものですが、特別意識することもなくそれをやり過ごしたり、楽しんだりしながら私たちは日々生活しています。でもその意味を知ってふと思い出したりできると、気が引き締まり新たな一年を迎える心持ちの準備ができるのではないでしょうか。

なんて言っていますが、私も大掃除のために気合いを入れないと!と思っています。

でもその前にクリスマス!
皆さま、どうか楽しいクリスマスをお過ごしください。
それでは、また。