病院で紹介される葬儀社は、割高?

2bf906058cf864dfb8dc0173d12dbc4d_s

生きている間に葬儀社を検討するのはむずかしいもの。
まずなにを基準に考えたらわからない、そういう方も多いようです。シビアなはなしですが、予め葬儀社を決めていないために、臨終とともに病院で紹介された葬儀社を比較する間もなく、選ぶことも少なくないといいます。
ただし、そういった葬儀社は一般的に料金が割高になる可能性があるのです。
その理由はそこの病院に365日、数人が配備して待機しているのです。当然ながらその分の待機している人件費が上乗せされる理屈となるわけです。

しかし、だからといって他社と比べてスキルが劣ることも決して限らないのです。それではわたしたちはどのようなポイントを踏まえて検討すればよいのでしょうか。

  • 言葉遣いや身なりがきちんとしている人を選ぶ
  • お葬式を守るというプロ意識や、誠実さを感じる
  • 迷っているときに、先方から安心する提案をしてくれる
  • という点です。
    病院から自宅まで遺体を搬送する際は、病院で紹介された葬儀社にとりあえず搬送をお願いできます。この時にあまり嫌な顔をするようでしたら、葬儀は別のところにお願いするのがよいでしょう。信頼のおける葬儀社をここできちんと選ぶことで、遺族の気持が心細い葬儀の場において頼もしい拠り所となるでしょう。多少割高でも、安心できると想える葬儀社でしたら病院の紹介の葬儀社も検討してみるとよいでしょう。

    臨終を迎えた家族は、どうしても「どこでもいいから・・」と葬儀屋の検討という気持になれません。そういったリスクを伴わないためにも、葬儀社をあらかじめ検討しておくのは大切な終活のひとつといえます。
    また、知り合いの葬儀などで、ここの葬儀屋は安心だと思える場所があるならそういうところも検討に入れるのもいいでしょう。検討した葬儀社はエンディングノートに、「どこの葬儀社」の「どんな葬儀がよかった」ということを細かく書いておきましょう。

    参考:『親が死んだ5分後にあなたがしなければならないこと』三村麻子 内田麻由子 監修