お墓を承継するのに消費税はかからないって、本当!?

b11cfdc0b0760219797509d2031290ea_sお墓を承継する際にかかる費用にはどんなものがあるでしょう。

  • 相続税
  • 火葬料
  • 埋葬料
  • 永代供養料

実はこういうお墓を維持するための出費に対して消費税は、かからないのです。しかし、誤りやすいポイントも次にあげますのでごらんください。

お墓を維持するための費用としては消費税がかかりません。しかし墓石の工事費には消費税がかかります。

これは土地の使用権と所有権のはなしになります。墓地の場合、土地は使用しており、所有はしていません。取得できるものではないのです。したがって不動産取得税から発生する固定資産税、都市計画税がかかりません。
こんなに、高いお金を払っているのに家や土地を買うように取得できていないのか?と思われるかたもいらっしゃるかもしれません。しかし、お墓のそもそもの考えというのは、お寺の持っている区画を永代使用料としてお金を払って永代にわたって使えるように管理してもらう形をとっているのです。そのため、墓を買うということは、管理費やお布施など、永代に渡って承継していく人がいることが必要になります。近年では、継ぐ人がいなくなるということで無縁仏になってしまわないように「永代供養墓」を選択される方も増えてきています。

宗旨・宗派・国籍を問わない、18万円の永代供養墓 ▶

管理費には場合によっては、消費税が必要な場合があるかもしれないので、そのときは管理者にお問合せください。

お墓を維持するための費用として消費税がかからないということが、相続税の節税になるということで生前建墓を考える方も増えています。お墓のこと、今からじっくり検討したいものです。

参照:『 宗派別のお墓の建て方とQ&A 』澤崎 宏之 近代文芸社