忘れてはいけないペットのこと

31981ce00b89e3c6e6b19954a8c13b86_s近年ペットブームとも呼ばれるほどに、犬や猫などの動物を飼う家庭が増えています。
その大きな理由はなんといってもペットに癒やしを求めるという傾向にあるということです。その効果は「ペットセラピー」「アニマルセラピー」ともよばれるほど高齢者の介護や、また心に傷を負ったこどもたちにも健康効果をもたらすことが話題となりました。

そんな人間たちの心を癒やしてくれるという大ブーム動物たちですが、その裏でまだまだ年間をとおしても数万という数の動物たちの殺処分があるというのも現実です。その理由の背景に

かわいいと思って飼いはじめたけれど、世話がしきれなくなった

ということがあげられます。
動物たちは癒やしてくれる存在でありますが、生き物だということを考えにおかずに飼い始めてしまう方がまだ少なくないということです。
はじめはかわいいとおもって飼いはじめた子犬も

  • トイレにあまり行かないようにあまり食事を与えない
  • 面倒だから散歩に連れて行かない

など、耳を疑うような被害の報告もあります。
子犬を例にあげましたが、犬を外で散歩させるのは肥満などを防ぐための健康の目的と、縄張りをつくりトイレをきちんとさせてあげるためです。そして、その糞までもを拾ってやるのが飼い主の役目なのです。
それができずに放置したまま捨てられてたり、命を落とすケースも少なくないのです。

自身で育てきれなくなった飼い主たちが捨てた動物は保健所につれていかれます。その数およそ10万頭。

現在保健所の方でも出来る限り譲渡できる里親を探していても保健所の人員数の中では探しきれないといいます。

いま、もしあなたが一人暮らしでペットを飼っているというのなら、少し考えてみてください。
家族とも言えるそのペットが、あなたとずっと一緒にいられる方法、あなたが居なくなってしまってもきちんと行きられる方法を考えましょう。
49902543d680d1248eda5b1591023196_s
大切な家族のためにできる方法があります。

1 エンディングノートにあなたのペットについて書いておく

  1. ペットについて書く
  2. ・名前
    ・生年月日
    ・生物名(イヌ・ネコ・鳥・魚・その他)
    ・血統書 あり(  に保管)なし 登録番号
    ・いつものエサ  ・好きなエサ  ・嫌いなエサ
    ・病気 ケガ
    ・避妊・去勢手術
    ・飼育場所

  3. ペットのかかりつけ病院・保険について
  4. ・かかりつけの病院名 連絡先
    ・保険会社  連絡先
    ・保険の方法や請求方法など

  5. 行きつけのトリミングサロン・しつけなど
  6. ・名称 連絡先
    ・内容

2 できるだけ長く居る

ご自身が老人ホームに入居するなら、ペットと離れ離れになるということも昔はある話でしたが最近ではペットと一緒に入れる老人ホームというのもふえてきています。
参照:ペットと住める介護付き有料老人ホーム

元気なうちに訪ねて実際にお話を聞いてみるのもよいでしょう。
慣れないホームに一人で入るという不安も、大切なペットと一緒でしたら幾分安心感もうまれるに違いありません。

3 元気なうちに良い里親をさがす

犬猫の里親掲示板
ペットの里親募集情報

心を癒やしてくれる家族も同然のペットのこと、ご自身のことと同じようにこれからのことを伝え繋いでいくことが大切になります。
ご自身にペットを育ててくれる家族がいらっしゃるのなら、どうしてほしいかというのをきちんと伝えて相談してみるのも安心につながります。