介護保険制度を活用しないと、もったいない!

3c42ff05e8c2075dbad446aaecdf5bbd_s

40歳から払い続けている介護保険料、
元気で必要のない状態なら、いちばんいいこと!
だけど、お金を掛けたくなくてひとりで我慢をして無理をしてしまうのはちょっともったいないと思いませんか?

払い始めた40歳から受給資格があります。ただし、特定の16疾患の病気によって要介護状態になった場合に受けられます。(64歳まではこの条件)

特定の16疾患は以下のとおりです。
1. 末期がん(医師が、一般に認められている医学的知見に基づき、回復の見込みがな
い状態に至ったと判断したもの)
2. 筋萎縮性側索硬化症
3. 後縦靭帯骨化症
4. 骨折を伴う骨粗しょう症
5. 多系統萎縮症
6. 初老期における認知症
7. 脊髄小脳変性症
8. 脊柱管狭窄症
9. 早老症
10. 糖尿病性神経障害、糖尿病性腎症および糖尿病性網膜症
11. 脳血管疾患(外傷性を除く)
12. 進行性核上性麻痺、大脳皮質基底核変性症およびパーキンソン病
13. 閉塞性動脈硬化症
14. 関節リウマチ
15. 慢性閉塞性肺疾患
16. 両側の膝関節または股関節に著しい変形を伴う変形性関節症

基本的には65歳位上の方が対象。要介護状態になったら原因を問わず受けられます。

65歳以上の人は第1号被保険者といって、「要介護者」「要支援者」の方なら給付の対象となります。

要介護者とは、入浴、排泄や食事など日常の生活動作について介護が必要な方をいいます。
要支援者とは、家事などの日常生活や、リハビリテーションに支援が必要な方です。

介護保険制度を使えば自己負担が1割か2割に抑えられる

居宅サービスを利用する場合は、利用できるサービスの量(支給限度額)が要介護度別に定められています。
限度額の範囲内でサービスを利用した場合は、1割(一定以上所得者の場合は2割)の自己負担なんです。
限度額を超えてサービスを利用した場合は、超えた分が全額自己負担となります。

要支援1 50,030 円
要支援2 104,730 円
要介護1 166,920 円
要介護2 196,160 円
要介護3 269,310 円
要介護4 308,060 円
要介護5 360,650 円

支援や介護が必要になったら市町村の介護保険課に申請しましょう。受給には、審査が必要です。

7eddc735039607df2aa0e9e53fb39ce9_s

要介護認定の申請の手順は・・・

    1. 支援や介護が必要になったら自宅のある市町村の介護保険課に申請

申請には、介護保険被保険者証が必要です。
40~64歳までの人(第2号被保険者)が申請を行なう場合は、医療保険証が必要です。

    1. 介護支援専門員が、調査・審査して判定
    2. 認定結果の通知

ここではじめて、「要支援」1〜2「要介護」1〜5が区分されて認定されます。

要介護認定の申請がとおれば、在宅サービス・施設サービスを選択できます。

要介護1〜5と認定された人は「在宅」か「施設サービス」のいずれかの医療を選択します。
施設サービス自己負担の1ヶ月あたりの目安は、個室や多床室〔相部屋〕など住環境の違いによって自己負担額が変わります。また市町村によって条件が異なる場合がありますので、市町村の介護課でご相談ください。

うまくつかえば、お世話してくださる介護者の方の負担も軽減できるんです。
介護をするもの、されるもの、どうしてもお互い気を使ってしまってしまうもの。
介護保険制度をうまくつかって、お金も心の負担も軽減しましょう。

参考 ⇛ 厚生労働省ホームページ http://www.mhlw.go.jp/