【墓探し・墓地調査】故人のお墓が行方不明!?

人が亡くなりますと、様々な事情により、葬儀や相続まわりで探偵社の方へご協力をお願いすることがよくあります。
「供養のため、お墓参りをしたいがお墓の場所がわからない。」や「生き別れた親兄弟や子供の生存確認、また行方を捜してほしい。」など理由は様々。
少し前に亡くなった私の大叔母も子供たちと若い頃に生き別れており、本人もそのことについてはあまり詳しく話したがりませんでした。そのため、親族の我々では連絡の取りようがなく、探偵社の方に行方を捜していただきました。そして、そこはさすがプロのお仕事!と思わせられるスピード感であっさりと行方がわかりまして、実際にお会いし相続の話もトントン拍子できれいに収まったのです。

探偵社は基本的に人探しがお仕事ですので、生存確認や行方探しはお手のものだと思うのですが、お墓探しとなると少し勝手が違います。
墓地の管理者へ納骨届を出すことはあっても、実はお墓の場所は役所に届け出る義務がありません。死から時間が経ってしまうと、他の記録もほとんど消えてしまっているケースが大半だそうです。わずかな情報をかきあつめて、限られた時間で埋葬場所を特定するには、経験とノウハウが必要となります。そのため、調査料金は成功報酬制と言いつつも提供される情報量・範囲等でまちまちですし、約3万円程度~20万程度はかかるのが相場となっています。
また、一般的な探偵社以外に、お墓探し専門の探偵社へ依頼する方法もあります。依頼側から提供する情報があまりに古すぎたり少なすぎたりすると調査不可ということで受け付けてもらえませんが、調査員の方の身元がはっきりしている探偵社さんであれば個人情報も絶対厳守ですし、プロ中のプロへお願いするのはやはり安心感がありますよね。
お墓探しはお気軽に!「お墓探偵」Webサイト▶

費用をかけられない場合はご自分の足で探すことになるわけですが、想像以上にお金と時間を費やしてしまうことがあります。探偵社の方を雇うのも自分の足で探すのも、どちらもそれなりの負担が伴いますので、無理のない範囲で検討するようにしてください。

 

[PR]宗教や慣習にとらわれない、明るくきれいな室内霊園「クリプタ行徳」/納骨堂


[関連情報]
先祖のお墓探しに探偵社を雇う!?終活ノートが役立つこと