自分が死んだら、SNSアカウントはどうなるの?

首相官邸など政府機関もフェイスブックやLINEなどSNSを利用して情報発信を行っている現代。
仕事上のお付き合いであったり、ご友人に誘われたり、色々なきっかけがあってSNSを楽しまれている方は多いのではないでしょうか。
フェイスブックのように本名で利用するサービスもありますし、万が一、自分に何かあったら投稿済みの大切な方々との思い出や写真データは、SNSアカウントはどうなるのだろうか…と不安になる方もいらっしゃるかと思います。

sis

個人発信のホームページやブログ、SNSなどは、アカウント権をどなたかへ譲渡し管理をお願いしたり、ご自身で閉鎖手続きをしない限りは、自分が死んでしまった後、完全に放置されることになります。しかもブログやSNSの利用を周りへ知らせていないケースも多いはず。放置されたアカウントは悪質な業者の乗っ取りに合うと、生前の思い出の投稿などアカウントごと丸々利用されてしまうこともあります。

ただ、自分がいつ最後を迎えるかなんて、中々分かるものではありません。そこで今回は、各サービスが用意している対応方法を簡単にご紹介したいと思います。

 

フェイスブック ・ツイッター ・LINE ・その他サービス


    • フェイスブック

      亡くなった方の報告

      1.追悼アカウントへの移行(メモリアル化)
      追悼アカウントとは、利用者が亡くなった後で友達や家族が集い、その人の思い出をシェアするための場所。故人アカウントを追悼アカウントにすると、他のユーザーがアカウントにログインするのを防いで、情報の安全を確保できます。追悼アカウントのリクエストはこちらから。

      2.アカウントの削除
      故人の近親者であることを証明できる方にかぎり、故人のFacebookアカウントの削除をリクエストできます。

      上記2つの方法は、事前に利用者自ら設定することも可能です。

       


  • ツイッター

    [ツイッターは厳密にはSNSではないとされていますが、広い意味でのSNSとしてご紹介いたします。]

    プライバシーフォーム

    privacy1.アカウントに関する手続き
    ヘルプセンターのプライバシーフォームで、[亡くなられたユーザーのアカウント削除のリクエスト]をチェックし以下の情報を入力すると、第三者でもアカウントの削除手続きが可能です。

    ・亡くなった方のTwitter ID
    ・亡くなった方の氏名
    ・追加情報(認意)
    ・報告者とユーザーとの関係
    ・報告者氏名
    ・報告者メールアドレス

 


  • LINE

    公式としてヘルプやフォームでの用意はありませんでした。故人アカウントの証明が必要になりますが、お問い合わせフォームより、個人でお願いするしかなさそうです。
    LINE各種お問い合わせ▶︎

 


ブログの運営者が亡くなったと判断されると、ウィログに生前預けていた最後のメッセージを故人にかわってブログに公開してくれるサービス(ブログパーツ)です。Will(遺志) + Log(ログ、記録)=ウィログ。登録利用は無料ですが、あらかじめ「ご自身のブログにウィログのブログパーツを埋め込むこと」、また「何日更新がないことで亡くなったとみなすか」を設定する必要があります。

何で亡くなったと判断されるのか?

・◯日以上、ウィログへのログインが無い
・◯日以上、登録したブログを更新していない
・上二つの条件を満たしているとき、確認のメール(3回送ります)に対して応答が無い

上記3点の条件が揃うと、亡くなったとみなされる仕組みです。
サイトの説明や使い方はウィログ公式ホームページをご覧ください。

 


[PR]宗教や慣習にとらわれない、明るくきれいな室内霊園「クリプタ行徳」/納骨堂

 

この他、エンディング(就活)ノートへアカウント情報を記入し、ご家族へ託すのも良いと思います。

[関連情報]
就活ノート ダウンロードはこちら▶︎

 

昨今様々なサービスがありますので、ほんの一部のみのご紹介となってしまいましたが Apple ID や Googleアカウントについては、「自分が死んだ後のAppleID、Googleアカウントはどうなる?」でご紹介しています。