確実に始められるエンディングノート

いずれ誰もが迎えうる人生の最期までの事前準備を「終活」と言います。これまで当サイトではエンディングノート(終活ノート)について、書き方のコツや無料ダウンロードなど数回にわたって紹介してきましたが、近頃幅広い世代の方にエンディングノートの大切さが浸透しているのを感じています。

全国の15歳~69歳の男女1,000名に対してとった「エンディングノートを作成すること」に関するアンケート結果では、(終活と遺贈に関する意識調査2016 (国境なき医師団調べ) )

「準備をしておくことは大事だと感じるし、自分も準備が必要だと思う(または、準備を済ませた)」→ 28.6%
「準備をしておくことは大事だと感じるが、自分には(まだ)必要がないと思う」→ 60.9%

まだまだ他人事に感じている方が多い印象ですが、上記を合計した89.5%が「準備をしておくことは大事」だと感じていることがわかりました。ただ準備をすることは大事だと思っていても、一歩が踏み出せない…この最大のポイントは「書くこと」そのものなのかもしれないと思いました。

書き始めるタイミング

「思い立ったが吉日」が理想ですが、なかなかそううまく踏み出せず…エンディングノートも買いっぱなしになることが多いようです。そんな時は「お正月」や「お誕生日」など、特別な日にスタートすることをオススメしています。特にご自身の考え方や取り巻く環境が変化した場合、エンディングノートも更新する必要がありますので、毎年「お正月」や「お誕生日」に更新していくのが良いと思います。
また、周りの方へ「次の誕生日からエンディングノートを書き始めたい。」ということを伝えておくと、誕生日プレゼントにエンディングノートを贈ってもらえることが多いそうですよ。

エンディングノートの選び方

人生最期まで付き合うノートだから、と特別な思いを感じてしまうのはわかりますが、まずは安価で一番手に取りやすいものを購入しましょう。なぜなら安くても高くても、書く内容はどれもほとんど同じだからです。お近くの書店やアマゾンで購入は可能です。本当に最近はありとあらゆるノートが書店に並んでいて、どれが良いのか迷いますが、一番安いもので十分です。書き始めるまで、ハードルは低く進めていきましょう。
ちなみに、葬儀社や納骨堂などへの資料請求の際に、特典としてエンディングノートをもらえる場合もあります。

また当サイトでは、無料ダウンロードで準備することもできますので、ぜひご活用ください。
エンディングノート(就活ノート)無料ダウンロードはこちら▶︎

[PR]宗旨・宗派・国籍を問わない、18万円の永代供養墓 ”博愛の絆”

書いておきたいこと

  • 大切な人へのメッセージ
  • 資産(現金や株式、生命保険の一覧や分け方など)
  • 延命治療(希望するか、など)
  • 葬儀(遺影にして欲しい写真や省略して欲しいこと)

書いておきたいことは人それぞれだと思いますが、上記4つはパートナーなど残される側の多くの人が、書き残して欲しいと希望している項目でもあります。その他、お墓の希望なども書いておいて欲しいと思われる方が多いそうです。

 

書き始める日や内容を決め、エンディングノートを手にしたらば、後はもう実行あるのみです!
タイミングを逃さず終活の新たなスタートを切れることを願っています。

[PR]宗教や慣習にとらわれない、明るくきれいな室内霊園「クリプタ行徳」/納骨堂


【関連情報】