終活で葬儀の準備をするメリット

終活で葬儀の準備をするメリット

終活ノートの項目には必ず「葬儀」「お葬式」のことがあります。
お葬式のことで決めておくこと・伝えておくことにはいろいろあります。

  • どこの葬儀社を使うのか
  • どんなお葬式にしてほしいのか
  • 家族葬で済ませてほしい
  • 友人や知り合いも呼んで大規模な葬儀にしてほしい
  • 費用について
  • 参列してほしい友人がいる…

自分が死んだ後のこと、家族が死んだ後のことを準備するのには抵抗があるかもしれません。

それでも、お葬式の準備を事前にしておいたほうがよいのには理由があります。

 

終活でする葬儀の準備とは?

お葬式の準備といっても、実際に葬儀社をここに決め、細かな内容もきっちり決めて見積もりも取って…など完全にいつでもできる状態にすることだけを言っているのではありません。

もちろん、そのような状態にしておけば、いざ自分が亡くなったときに家族にかかる負担はかなり軽減されると思いますが、

終活で葬儀の準備をすると言っても、実際にそこまで完全に準備する方は少ないと思います。

終活での葬儀の準備は主に、
情報収集をすること自分の要望をまとめておくことだと思います。

大切な人が亡くなった直後は精神的な余裕もなく、いろいろな判断や、面倒な手続きを簡単にできる状態ではないことがほとんどです。

時間が無い中では細かな相談ができず、満足のいく葬儀にならなかったと後悔することにもなりかねません。
また、時間も情報もない中で無理に葬儀を執り行ってしまうがために、葬儀社との間で起こってしまうトラブルも後を絶ちません。

 

事前に葬儀の準備をしたほうが良い理由

だからこそ、事前に情報収集をしておくことと、自分の要望をまとめておくことが重要になってきます。

たとえば、
自分はこじんまりと家族葬で済ませたいと思っている場合

  • 家族葬のようなあまり利益にもならない小規模な葬儀でも、快く丁寧に対応してくれる葬儀社はどこか
  • 家族の負担にならない費用に抑えてくれるか
  • 葬儀場ではなく自宅で済ませたいが、それに対応してくれるのかどうか…

こういったことを満たしてくれる葬儀社をいくつかピックアップしておくだけでも、いざ亡くなってしまったときの家族の負担はとても軽減されます。

また、こんな雰囲気の葬儀にしてほしい、これくらいの規模で済ませてほしい、誰を呼んでほしい、などといった要望も伝えておけば、何もわからない中で葬儀社に言われるがままに葬儀の手配をして、後で故人の望むような葬儀にできなかったんじゃないか、と後悔したり思い悩んだりさせることもありません。

つまり、葬儀の事前準備をしていないと、

  • 亡くなった後に準備を始めると時間がない
  • 葬儀社との相談にかける時間もない
  • 精神的な余裕がなくて判断がつきにくい
  • 常態では難なくできる手続きも、憔悴しているときには難しくなる
  • 時間も情報もない状態で葬儀を手配すると、予算的にも内容的にも満足のいく葬儀になりにくい
  • そのため、トラブルも起こりやすい

ですが、事前に準備や相談をしておけば、こういった負担や問題は最小限に抑えられます。

葬儀社と契約をしないまでも、情報収集をするだけでも、相談をしておくだけでも、自分の要望をまとめておくだけでもいいのです。

また、誰も亡くなっていない段階でも丁寧に相談に乗ってくれ、見積もりや細かい提案などをしてくれる葬儀社は、“良い”葬儀社と言えるでしょう。

大切な家族を満足のいく形で送ってくれる、良い葬儀社を見つける手段としても、終活で事前に葬儀の準備をすることのメリットは大きいかもしれません。

 
葬儀に関する終活ノート ダウンロードはこちら▶
終活マガジン 終活ノート無料ダウンロードはこちら▶