精進料理について

精進料理というとお寺や宿坊でいただけるお料理といったイメージがありますよね。日本において、精進料理を日本料理店でいただこうとすると、それなりに高価であることが多く、日常で気軽に楽しめるものでは無いのが現状です。とても健康的で美味しいだけに、もっと手軽に食べられると良いのですけれど。

お米

精進料理とは

仏教の戒律に基づき殺生や煩悩への刺激を避けることを主眼として調理された料理で、中国において仏教から成立した精進料理と、韓国料理や日本料理の和食の一分野である精進料理の2つがあります。(Wikipedia)ここでは前者について。

「精進」という料理名は中国で名づけられたもの。本来の「精」の意味は「雑念にとらわれることなく修行に専念すること」「一つのことに精神を集中して励むこと」、「進」の意味は「四六時中いかなるときも怠ることなく修行に専念する行為(体)」という意味です。つまり「精進」とは修行に専念するということです。

道元曹洞宗の開祖である道元禅師も仏道修行における食事の大切さを説いています。贅沢をする必要はありませんが、ムダにせず、そして食材の持ち味を最大限に引き出し、飽きのこないよう調理を工夫することを調理の要とし、修行道場において料理を担当する役職を典座(てんぞ)といって、曹洞宗では重要な役割と考えています。

精進料理一般的に精進料理は、肉や魚(生臭物)を使わず、野菜や果物や海草などを用いてつくられた料理として知られています。厳密には野菜の中でもネギやニラなど匂いの強いものや刺激の強い香辛料類も使ってはならないルールです。
なぜ精進料理に肉や魚は使われないのか。これは単純に「殺生をしてはならない」という理由からではありません。仏の前では万物平等との教えがある通り、動物など生き物だけでなく野菜や果物にもその命はあります。「死」を連想させる肉や魚を用いず、野菜や果物などを用いることでこれらにも命があることに気づく。精進料理は、ただの菜食主義とは異なり、「殺生」や「いのち」についてあらためて真剣に考え直すための料理なのです。

手軽に楽しむ方法

ひと昔前までは、故人の死後から四十九日までの間、遺族は精進料理を食べ続けていましたが、現在では通夜や告別式を行っている間のみなど、期間を決めて食べることが増えています。お料理だけを楽しみたい場合は、お寺や宿坊を訪ねたりご自身で作ることが可能です。

精進料理は、見た目・味付け共にシンプルではありますが、食材の栄養や旨みを生かす工夫の施されたお料理。「苦味」「酸味」「甘味」「辛味」「塩味」この和食の基本である五味に、素材本来の味を引き出す「淡味」という調理法をプラスしたものが精進料理で、特にこの「淡」を尊びます。

作り手や食材へ感謝をしながら、ぜひ美味しい精進料理をお楽しみください。

[PR]逢いたい時に逢える。美しい自然と共に眠る永代供養墓 博愛の絆


【関連記事】
「皆食・共食」をたのしみ「こ食」を知る ▶︎
明るい終活とごはん ▶︎
食事量が減ってない?シニアに見られる”低栄養”の危険サイン ▶︎