シリーズ -「 死を考える技法」入門③

前回は、この連作記事の参考図書である『誰にもわかるハイデガー』と、そこで解説されている哲学書『存在と時間』のことをご紹介しました。
また、「現存在」という言葉が『存在と時間』の最重要ワードでもあること、そしてそれが「人間」を意味することも述べました。

今回はそれをふまえ、「本来性」「非本来性」という言葉をご説明するところから始めたいと思います。

c38dbf84e08f8150d49ded7e11cff3d1_s

「本来性」と「非本来性」

「本来」とは、辞書を引けば「もともとのありかた」とあります。
前回、「現存在」=「死ぬ存在」=「人間」であることを示しましたが、つまり、「本来性」と「非本来性」という言葉における「本来=もともとのありかた」とは、「それが必ず死ぬ存在であり、それを受け止め、そのうえで生きているありかた」を意味します。

では「本来性」とはなにか。
これは単純に「それが必ず死ぬ存在であり、それを受け止め、そのうえで生きているありかた」を直視し、そのことがもたらす苦しみや悲しみの渦中にある状態ととらえれば良いかと思います。
「非本来性」とは、その逆。つまり、「本来」から目をそらしている状態です。

われわれの日常というのは、大半がそうだと言えるでしょう。常に自分が「必ず死ぬ」ことを意識しては、なかなか生活できません。

「終活」はどちら?

「終活」が「本来性」と「非本来性」、どちらの性質に属するかは一概には言えないでしょう。
当然のことながら、「終活」にはさまざまな側面があり、「必ず死ぬ」ことを意識し、そのための準備をすることも、「必ず死ぬ」ことから離れ、その時の生を享楽することもまた「終活」であり得るからです。

とはいえ、「終活」は現代においては、かなり積極的に「本来性」に属そうとする行為と言えるのではないでしょうか。
必ず迎える「死」を前提に、いろいろなことを「考える」のですから。

そして今回の連作記事は、その「考え方」を得る入り口となることが目的です。

たとえば、「遊びを通して想いを言葉に」という記事でふれましたが、我々は言葉を使い考えますが、自身の本当の想いを言葉にすること、さらにはそうして作られた言葉を他者に伝えることはなかなか容易なではありません。

なんとなく「思って」いても、それを言語化していない時、というのはとても多いと思います。

たとえば、ざっくばらんに言ってしまえば、「周囲のひとたちがエンディングノートの話題をしていたため、購入し記入してみた」という行動は、立派な「終活」ですが、どちらかといえば「非本来性」に属するものでしょう。
ただの言い方のようにも感じられますが仮に、「自分は必ず死ぬ。そのうえでエンディングノートが必要だから、購入し記入する」という場合には「本来性」が色濃くなるでしょうか。

とどのつまり、「前提」にあるものが「本来」であるかが重要なのでしょう。

どちらが「良い」ということではない

念のために述べておくと、『存在と時間』は哲学書であり道徳的であったり宗教であったりはしないため、「本来性」と「非本来性」のどちらが良いか、ということには言及していないようです。また、そもそも、どちらが良い、というようなことではないのでしょう。

ですが、より「死」について考えるためには本来的である必要があります。

これまで自身がおこなってきたいろいろな「終活」が「本来性」と「非本来性」のどちらに属するか。
そうしたことを考え振り返ってみることもまた、自身の「死」の捉え方を見直す契機となるかもしれません。