ペットとの余生

自身の最期、そしてペットの最期について真摯に考える飼い主であれば、単身や高齢であることが足枷とならないためのサービスは始まっています。