「死」の値段

「死のカタチ」を、その「値段」よりも「想い」の姿とする。それを意識することは、いまを生きる我々に与えられた責務ではないでしょうか。