『リチャード三世』と死生観 

〜殺しの代償は不眠症①

white-roses-1082126_1920-min
red-rose-320868_1920-min
ウィリアム・シェイクスピアの劇作家としてのキャリアは、『ヘンリー六世』という歴史劇の一大シリーズの執筆からスタートしました。この戯曲は全三部作という長大なスケールを誇り、そのため日本でこの形式で上演されたのは過去2回しかありません。筆者はそのうちのひとつの2009年秋、新国立劇場で上演された鵜山仁演出版をフルヴァージョンで観ましたが、休憩時間を挟んでも計11時間に及ぶ上演時間、演者観者ともにまさに「一騎打ちの戦い」そのものでした。

『ヘンリー六世』では、通称「百年戦争」という対フランスとの苛烈極まりない国際戦争(ジャンヌ・ダルクの火刑がクライマックス、フランスがイングランド軍に講和を申し入れることで終結)と、その後に起こったイングランド王家内の王位争いという二つの大きな戦争を背景に物語が進みます。後者の戦争は、対立した王家がそれぞれ白薔薇と赤薔薇を紋章としていたため「薔薇戦争」という雅な名前で有名です(もちろん、実態はただの内ゲバ戦争ですが…)。白薔薇サイドはヨーク家、赤薔薇サイドはランカスター家という派閥構図です。
タイトルロールのヘンリー六世は隔世遺伝による精神疾患に悩まされた悲劇の王として有名で、勢力図ではランカスター側の人間でした。しかしヨーク家による王位簒奪の憂き目に合い、一度は奪還するものの再び王冠を奪われ最後は暗殺されます(奪還自体は、男勝りに戦争を指揮したヘンリーの妻・悪名高いマーガレット王妃によるもので、ヘンリーは王冠の重みに押しつぶされそうな胸の内を吐露しています)。シェイクスピアの素晴らしいところは、この神経衰弱な異国の血を引く王(母方の祖父が「狂王」で知られるシャルル六世で、その流れから、ヘンリー六世はフランス・ヴァロワ朝の血を引いているのです)の博愛精神を強く打ち出した人物造形にしていることです。親子が殺しあう戦争を見て涙を流し、王より一介の羊飼いになりたかったと人生を回顧し、祈祷書を友とする心優しい王。世が世なら、国が国なら、身分が身分なら、貧しくても幸せに暮らせたかもしれない。一見すると凡庸な男ですが、これこそが、人間が人生を終わると予感した時に求める幸せのひとつの形なのかと身につまされる思いです。
そしてこの弱く優しい王を殺し、王位をその手にするのがリチャード三世です。

HenryVIofEngland-min
ヘンリー六世の肖像画、作者及び制作年代不詳