ドラマ「マスグレーヴ家の儀式書」と死生観 

〜眠れぬ夜はご用心⑥

※このシリーズは物語の核心部分に触れていることがあります。作品を未読・未見の方はご注意ください。

翌日、屋敷中の人手を使ってレイチェルが落ちたと思しき池を捜索しますが、引き上げられたのは彼女が持ち出した麻の袋のみ。ホームズがその場で袋を破いてみますが、入っていたのは「がらくた」だけ。足跡は湖の手前で途切れており、これ以上の手がかりは掴めません。
一同は屋敷に戻りもう一度例の「がらくた」を調べてみますが、「さびて変色した金属と石ころが何個か」(ワトスンの言)あるだけです。マスグレーブも、儀式書に加えて執事とメイドの失踪が依然宙ぶらりんのまま、しかもこんな袋がなぜ池に落ちていたか理解できないとお手上げ状態です。
ですが、ホームズは断言します。

3つの謎は関連がある
1つが解ければ他の謎も解決できるぞ
君の先祖が見逃していた何かをーー
彼は発見したのだ
正しく判読すれば
つかめるはずだーー
消えた2人に関する事実がな

3人は、中庭に出ます(ホームズの肩に注目してください。最初に樫の木を調査する場面で2枚重ねだった毛布が1枚減り、このシーンからは完全に消えました)。この中央にはかつて楡の木が立っていたのですが、突然の落雷で倒れてしまい取り払われてしまったのです。ホームズは「高さは分からんだろう?」と諦め半分に尋ねますが、マスグレーブはしたり顔で答えます。

分かるよ、*64フィートあった
子供の頃、三角法の勉強で
家庭教師が測らせたのさ

吹替版ではこの後に「だから木の高さは全部知っているよ」と続き、儀式書の文面を諳んじていたことと合わせて「記憶の確認」をしていたブラントンとの明確な対比がなされています。
ホームズはマスグレーブに、ブラントンもこの場所で、同じことを尋ねなかったかと確認します。マスグレーブは記憶の糸を手繰り寄せ、確かに最近ブラントンから冗談めかした感じで同じことを聞かれたことを思い出します(この時芝生を散歩していたマスグレーブは、我が物顔で楡の木があった場所で煙草をくゆらせるブラントンを「私専用の芝生だぞ」(吹替版)と叱責します。イギリスの貴族のステイタスは、いかに広大な土地の田舎に屋敷を建てそこで生活するか。シェイクスピア四大悲劇のひとつ、ケーキを切り分けるかのように土地を所有物扱いする『リア王』が思い出されます)。記憶の中のブラントンが、マスグレーブから楡の木の高さを聞き出してふと屋敷の方を振り返り、夕暮れの日の光を浴びている風見鶏を見て舌なめずりをしながら笑ったのがどうにも気にかかったのです。風見鶏は凝った装飾がされており、東に向かって伸びた矢印の反対側に乗馬の騎士が、中央の軸には木が彫られており、騎士が木に向かって歩を進めているように見えます。そしてこの木、似ているのです、屋敷で最も古くから生えている樫の木にーー。
そう、風見鶏の樫の木の上に太陽が掛かる時、その日の光が楡の木に届き影を作る場所の先。それが歩みを進めるためのスタート地点であり、儀式書が示していた真の意味だったのです。
肝心の楡の木はもうないとワトスンは言いますが、ここで登場するのが、ブラントンも使った三角法です。
屋敷で埃をかぶっていた釣竿を組み立てて6フィートの1本の棒に仕立てたホームズは、日の光が風見鶏の樫の木の上に差し掛かった頃合いを見計らい、楡の木が立っていた場所に釣竿を立てます(この後、ホームズはマスグレーブに釣竿を持たせて彼の存在を忘れています…)。釣竿から伸びた影の長さは9フィート(数フィート毎にコブを作った縄を物差しがわりにしました。作成者はもちろんワトスン)。影は本体の1.5倍に伸びているので、これを実寸に当てはめて64フィート×1.5=96フィートが本来の影の長さと割り出せるのです。
導き出した場所に目印に杭を打ち込んだホームズは、2インチ違いの場所に同じような跡があるのを見て興奮を隠せません。間違いなく、ブラントンもここまで辿り着いていたことを示していたからです。
ホームズは方位磁針を取り出し、ワトスンに儀式書を読み上げさせ西へ歩き出します(「西 八の八倍」すなわち8×8=64歩)。マスグレーブが慌ててそれに続き、列のしんがりをワトスンがついて行きます(この時、ホームズの歩数をマスグレーブが指をさしながら「一、二、三…」と数えるのがなんとも微笑ましい!)。儀式書の件で流れていたチェンバロのメロディーはこのドラマのメインテーマ曲のそれに変わり、気分は最高潮、まさに「宝探し」そのもの。観ているこちらもワクワクする素晴らしい演出でした。
西に2度、南に2度進み、雑草の群れを掻き分け見つけたのは、堀の向こうの堅固な石造りの蔵。渦中の場所は、なんと屋敷の裏手にあったのです、はるか昔からーー。

9f3eea8c2082eafb9bb634c291e2d41b

ブラントンとホームズが儀式書を読み解くきっかけとなった屋敷の風見鶏

*1フィートは約30.5cm。64フィートは19.5mほど。