お墓参りに行こう

〜しんがや霊園・龍福寺墓苑④

さあ、しんがや霊園・龍福寺墓苑に向かいましょう。

 しんがや霊園について

 龍福寺墓苑について

IMG_5616-min

坂戸市の東から南西に流れる高麗川(こまがわ)は、関東有数の清流の誉れ高い川で、県内上位の水質を誇ります。
飯能市苅場坂峠(かばさかとうげ)を水源とし、日高市・入間郡を通って坂戸市で越辺川(おっぺがわ)に合流します。昔から鉄砲水になりやすい高麗川は河川の長さも抜きん出ており、越辺川最長の支流であるのと同時に、越辺川よりも4.5kmも長いとのこと。
名前の由来は、現在の日高市にあります。日高市・鶴ヶ島市を含めた周辺地域は、律令制度下で埼玉県のエリアが武蔵国と呼ばれていた頃、高麗郡と名付けられていました。東海地方に分散されていた高句麗(朝鮮)からの渡来民を、このエリアにまとめて移住させたことから付いた名だと言われています。

IMG_5346-min IMG_0124-min

特に坂戸市を流れる高麗川は両岸ともに遊歩道が整備されており、地域の人々の健康のためのランニングや散歩コースとして定着しています。筆者が訪れた時も、雲ひとつない空の下を何人かの方が颯爽と走っていくのを見かけました。しんがや霊園・龍福寺墓苑ともに高麗川沿いに歩いて向かえるので、天気が良い日は是非散策してみてください。

IMG_3014-min

高麗川に架かる北坂戸橋を渡ると、すぐ目の前に大きな交差点が見えます。

IMG_3454-min
ここから左右に行先が分かれますので、順番にご説明します。
まず、黄色の看板が目を引くしんがや霊園への行き方からご案内しましょう。
高麗川沿いに行くなら、橋を渡ってすぐに右折し、歩道をそのまま進みましょう。数分ほどで、左手に霊園が見えてきます。

IMG_3460-min IMG_2027-min

霊園が見えると、まもなく目の前にガードが現れます。こちらは車両通行を禁止するためのものなので、歩行者の方は脇の隙間を通って超えれば大丈夫です。
ガードを超えたところで、折り返すように左手に延びている道を下ると、遊具のある広場に出ます。
IMG_3463-min
広場と、霊園の駐車場は地続きになっています。霊園の入り口はすぐ目の前です。

車で行く場合は、交差点を渡ってから右折しましょう。
IMG_3461-min
霊園の柄にも看板が出ているので、迷うことはありません。
そのまま緩やかに右に曲がると、先ほど紹介した駐車場に入ることができますので、ここに車を止めましょう。

IMG_3462-min IMG_3464-min

霊園の入り口には簡易トイレ、清潔な水場が完備されていますので、到着したら、すぐにお墓参りができます。
不明点などがありましたら、入り口脇のプレハブ小屋のドアの張り紙に記載されている、管理事務所の電話番号へご連絡ください。