お墓参りに行こう

〜しんがや霊園・龍福寺墓苑⑧

しんがや霊園・龍福寺墓苑へのアクセスはいくつかありますが、東武東上線・JR川越線川越駅を利用するのもおすすめです。

 しんがや霊園について

 龍福寺墓苑について

川越は蔵の町です。川越駅はその特色を色濃く反映しており、とてもお洒落な造りになっています。
蔵はもともと、質を劣化させることなく長期保存できるようにするのが目的の建造物です。
よく知られる大きな特徴は、漆喰で塗られた白い壁でしょう。蔵の壁は、調湿性に優れた土壁の上に、耐水・耐火性に優れた漆喰(消石灰を主成分とした建材のひとつ)を塗る場合がほとんどです。火事が日常茶飯時だった江戸時代に多用された所以ですね。
川越駅は、東武東上線・JR川越線ともに「蔵造りの街」の風情をとても良く反映しています。

IMG_2379-min IMG_8138-min

東武東上線・川越駅は構内・ホームともに蔵特有の漆喰の白壁に、装飾的に配された瓦屋根を忠実に再現しており、改札をくぐるだけでなんだかワクワクしてきますね。

IMG_2383-min

トイレは改札内に1ヶ所あります。清掃員の方がきちんと管理してくれており、綺麗で使いやすい印象です。
北坂戸駅行きの電車に乗るには、改札を通って右手、トイレ脇の階段から2番線乗り場へ進みます。
もし手荷物が煩わしければ、2番線・1番線両方の階段付近にコインロッカーがありますのでこちらに預けましょう。

IMG_2380-min

JR川越線・川越駅は、東武東上線川越駅と同じ建物内で隣同士です。
こちら、東武東上線エリアを進むと…

IMG_2382-min

そのまま地続きで改札口に出られます。

IMG_7566-min IMG_7899 2-min

昨年末から今年夏頃を目標にリニューアル工事を行っており、こちらも蔵造りの風情を思わせる内装に変化しています(当ブログ執筆時)。

IMG_2377-min IMG_2381-min

ショッピングモールも充実、お墓参りに前後に利用できたら嬉しいですね。

池袋駅・新宿駅をご利用予定で、JRの方が良いという方は、埼京線のそれぞれの駅に乗り、大宮駅でJR川越線に乗り換え、終点であるこの川越駅で降車するのもおすすめの選択肢です。乗り換えがすぐできますし、構内でつながっているので天候に左右されません。
もともと川越は、江戸時代に城下町として栄えたエリアです。今でも当時の風情が残っていることから、別名小江戸とよも呼ばれています。前記事で特急レッドアロー号についてご紹介しましたが、この特急列車の別名称は特急「小江戸」号です。

IMG_0696-min

川越駅構内の天井は非常に高く、アーチ型の部分がガラス張りになっており、天気の良い日は日差しが気持ちよく構内を照らします。