お墓参りに行こう

〜丸山寺墓苑⑧

みなさん、七福神めぐりをしたことはありますか?
七福神とは、その名の通り福をもたらしてくれる七柱*の神様の総称です。メンバーは恵比寿天(えびすてん)・毘沙門天(びしゃもんてん)・布袋尊(ほていそん)・福禄寿(ふくろくじゅ)・大黒天(だいこくてん)・弁財天(べんざいてん)・寿老人(じゅろうじん)の七人と決まっています。それぞれ順に商売繁盛・融通招福・夫婦円満・招徳人望・福徳開運・芸能上達・富貴長寿を司どり、全国各地の神社に祀られている庶民の味方の神様です。

IMG_8529-min

このうち弁財天だけが女性の神様なのはよく知られています。意外かもしれませんが、7柱のうち日本土着の神様であるのは恵比寿天のみです。

150108_m-min

七福神めぐりは、この七柱を祀っている各神社をお参りし、災厄を祓って福徳にあやかる行事です。
これまでは年明けから松の内の1月7日までの御開帳の期間に合わせて実施されることが多く、お正月のイベントというイメージが強買ったようですが、最近は御朱印帳ブームも手伝ってか通年で楽しめるコースも増えています。
よく見る七福神めぐりは、一つのエリアの複数の神社をめぐるもので、日本橋や浅草、谷中エリアが有名です。

そんな中、東京福めぐりという、他とは一線を画す七福神めぐりが実施されているのをご存知でしょうか?
これは、浅草線上の4つの区・8つの神社を巡る、広範囲に渡る新しいタイプの七福神めぐりです。都営浅草線の1日乗車券を買って巡ることを前提としており、所要時間は4〜5時間ほどかかります。
ルートは

浅草駅・浅草神社⇨蔵前駅・鳥越神社⇨日本橋駅・福徳神社⇨東銀座駅・波除神社⇨新橋駅・烏森神社⇨泉岳寺駅・高輪駅⇨戸越駅・戸越八幡神社⇨中延駅・上神明天祖神社

となっており、御朱印帳の代わりにオリジナルの折帖(おりじょう)にスタンプを押してまわるスタンプラリー方式です。
先にご紹介した蛇窪神社戸越八幡神社が、この東京福めぐりの最後のルートに入っています。丸山寺墓苑の近くには、こんなに楽しめるスポットが集まっています。

 丸山寺墓苑について

*「柱」は、神様を数える時に用いる助数詞で「はしら」と読みます。