お墓参りに行こう

〜鶴ヶ島さくら並木霊園③

鶴ヶ島さくら並木霊園へ行く、最寄駅はふたつあります。東武東上線・坂戸駅と、JR川越線・武蔵高萩駅です。それぞれどのようにどのようなルートとなっているのか詳しくご紹介しましょう。

 鶴ヶ島さくら並木霊園について

まずは東武東上線・坂戸駅からのルートをご紹介します。

IMG_1582-min

東武東上線・坂戸駅は1916年に「坂戸町駅」という呼称で開業した駅舎です。60年後に実施された市制施行により坂戸駅に改称されました。
その後市民の要望を受け、南北間の移動がしやすい設計の駅舎へと改良工事が計画され、2011年に現況のものとなりました。
東武東上線の全ての列車種別が停車する非常に便利な駅です。

IMG_5754-min IMG_5870-min

ホーム中央に階段・エレベータ・エスカレーターが設置されています。

mlSL6-min

上り方面に設置されている階段は、東武越生線・坂戸駅への乗り換え用です。

IMG_3406-min

改札口を出ると、ヨーロッパ風の外灯・ベンチ・大型時計が目に入り、とてもお洒落な造りになっているのがわかります。

ume41-min

ここは地域のみなさんのコミュニティ広場としても機能しているようで、定期的お店を開いている物産店についつい足を止めてしまいます。

IMG_8041-min

そして何より南口・北口それぞれの出口に設置された大型のステンドグラスは、訪れる人に感動を安らぎを与えてくれます。日本画家の倉島重友氏が原画・監修を担当しました。
南口のステンドグラスは「四季桜樹」というタイトルで、坂戸が桜に馴染みの深い街であることがわかります。

IMG_5527-min

鶴ヶ島さくら並木霊園へ行くには南口を出て、目の前のロータリーでタクシーに乗りましょう。数台のタクシーが常駐しているので、すぐに乗ることができます。
霊園までの所要時間は10分強。3月下旬には、日光街道の脇で咲く見事な桜並木の下を直進するのが圧巻です。徒歩ではかなりの時間を要するので、無理をせずタクシーを利用するのがおすすめです。