日本の死生観の未熟

われわれはいまこそ「終活」を通し、「死」を考え、「死」を教え、「死」を考える方法を伝えていかなければならないのではないでしょうか。