葬送行進曲

「終活」とはまさに「葬送行進曲」と呼べるものではないでしょうか。そう感じさせる漫画作品『葬送行進曲』をご紹介します。

息子への手紙

写真家であり狩猟家でもある幡野広志さんの著書『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』をご紹介します。

国民的絵本作家

自身の死後もまた、別の命の生活が続く。そうした想像力と、自身の生活の充実を強く想った結果が、旺盛な晩年を生み出したのでしょう。