葬送行進曲

「終活」とはまさに「葬送行進曲」と呼べるものではないでしょうか。そう感じさせる漫画作品『葬送行進曲』をご紹介します。

息子への手紙

写真家であり狩猟家でもある幡野広志さんの著書『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』をご紹介します。

国民的絵本作家

自身の死後もまた、別の命の生活が続く。そうした想像力と、自身の生活の充実を強く想った結果が、旺盛な晩年を生み出したのでしょう。

待ちながら…

優れた演劇を鑑賞することで、「死」や「終わり」を考える頭をやわらかく、いっそ考えるのではなく「体験」として浴びてしまうのも一興ではないでしょうか。

著名人の訃報

自身の「死に様」はどのようにあるべきなのか。彼らは夢や希望だけでなく、そうしたことまで教えてくれる存在なのかもしれません。

日記のススメ

「終活」にこだわらず軽い気持ちで日記をはじめてみるのはいかがでしょうか。それはいずれ「終活」の助けとなってくれるはずです。