日本の死生観の未熟

われわれはいまこそ「終活」を通し、「死」を考え、「死」を教え、「死」を考える方法を伝えていかなければならないのではないでしょうか。

墓石の行方

「墓」が引っ越しを強いられる現代。「生者」が逼迫している時代。われわれに「とおい未来」の子孫を考える余地は残されているのでしょおうか。

終の住処

齢を重ねるごとに、居場所がなくなってゆく。今後、そんな現状を変えるための制度を、この国は成せるのでしょうか……。

弔いとデザイン

「死」を「神聖」で覆ってしまえば、都市空間にも斎場は存在できるのではないか。無宗教の国ではそうした方法が最善なのかもしれません。

息子への手紙

写真家であり狩猟家でもある幡野広志さんの著書『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』をご紹介します。

ペットとの余生

自身の最期、そしてペットの最期について真摯に考える飼い主であれば、単身や高齢であることが足枷とならないためのサービスは始まっています。