「餅は餅屋」か?

あらゆる事において細分化が進んでいる現代においては、「餅は餅屋」と言い切れない状況も多く見受けられるのではないでしょうか。

日本の死生観の未熟

われわれはいまこそ「終活」を通し、「死」を考え、「死」を教え、「死」を考える方法を伝えていかなければならないのではないでしょうか。

墓石の行方

「墓」が引っ越しを強いられる現代。「生者」が逼迫している時代。われわれに「とおい未来」の子孫を考える余地は残されているのでしょおうか。