弔いとデザイン

「死」を「神聖」で覆ってしまえば、都市空間にも斎場は存在できるのではないか。無宗教の国ではそうした方法が最善なのかもしれません。