墓石の行方

「墓」が引っ越しを強いられる現代。「生者」が逼迫している時代。われわれに「とおい未来」の子孫を考える余地は残されているのでしょおうか。

弔いとデザイン

「死」を「神聖」で覆ってしまえば、都市空間にも斎場は存在できるのではないか。無宗教の国ではそうした方法が最善なのかもしれません。

匂いのこと

亡くなったかたが生前好きだった匂いがあったとすれば、それを漂わすこともまた、ひとつの葬いの作法ではないでしょうか。