墓石の行方

「墓」が引っ越しを強いられる現代。「生者」が逼迫している時代。われわれに「とおい未来」の子孫を考える余地は残されているのでしょおうか。

葬送行進曲

「終活」とはまさに「葬送行進曲」と呼べるものではないでしょうか。そう感じさせる漫画作品『葬送行進曲』をご紹介します。

終の住処

齢を重ねるごとに、居場所がなくなってゆく。今後、そんな現状を変えるための制度を、この国は成せるのでしょうか……。

デラシネ

墓について考えているとたびたびよぎるのが「故郷」という言葉です。ですが、生まれた場所ではない場所で長く暮らすひとも多いはずです。