「死」の値段

「死のカタチ」を、その「値段」よりも「想い」の姿とする。それを意識することは、いまを生きる我々に与えられた責務ではないでしょうか。

「餅は餅屋」か?

あらゆる事において細分化が進んでいる現代においては、「餅は餅屋」と言い切れない状況も多く見受けられるのではないでしょうか。