「死」の値段

「死のカタチ」を、その「値段」よりも「想い」の姿とする。それを意識することは、いまを生きる我々に与えられた責務ではないでしょうか。

息子への手紙

写真家であり狩猟家でもある幡野広志さんの著書『ぼくが子どものころ、ほしかった親になる。』をご紹介します。

ペットとの余生

自身の最期、そしてペットの最期について真摯に考える飼い主であれば、単身や高齢であることが足枷とならないためのサービスは始まっています。